まつ毛エクステはつけるとき、付けたあとって痛い?

マツエクに痛みはあるの?

しみやすい理由と対策 施術後の痛みなど

2015年11月22日 12時11分

・しみやすい理由と対策。

グルーがしみやすい方の特徴でドライアイが挙げられます。
目にグルーがしみやすい人の特徴を見ると、ドライアイの人、目元が敏感な人、肌が弱い人が挙げられます。
この中で、ドライアイの人は事前に目薬をさしておいて潤いをキープしておくと施術の間目にしみにくい結果がでているようです。
他にもしみないようにする対策はあり、グルーがやはり量が多い場合沁みやすい傾向があるので一回に施術する量を少なくするというのも一つの対策だそうです。
一度に大量の本数を付けてしまうとそれだけグルーの使用量は増えます。その分しみやすくなってしまうので数回に分けて希望の本数を付けるというのも一つの手です。
その分サロン通いは増えますし時間が余分にとられますので全員が取れる対策とは言えないのが難点ですが目への負担は軽減されます。
なかなかそれが難しい場合、医療用のグルーを使用してもらう場合もあります。医療用は効果が弱くエクステのもちがかなり低下してしまうのですがその分人体への影響は少ないと言われています。刺激も少なくしみにくいのが特徴ですので、こまめにリペアに通えるのであれば医療用グルーの使用をお勧めいたします。
医療用グルーでも一週間から二週間もちますので、即日とれていくというわけではないのでご安心ください。
このようにしみにくくする対策はありますが、低刺激グルーですとマツエクのもちの低下が伺えますし、一度に付ける本数を少なくすると手間もかかります。
ドライアイ気味の方はキチンと事前に潤いをキープし、しみた場合きちんと申告して対策を取ってもらうのが一番でしょう。
しみることに関して遠慮することは一切ありません、正直に申告して痛みに耐えないようにしてくださいね。
 

・施術後の痛みなど

マツエクそのものはそうそう取れないものですが、まつ毛の生え変わりでマツエクもとれていきますの。
その抜け落ちたまつ毛が目の中に入ると、通常より硬くなっているまつ毛に敏感に反応して目に痛みや異物感を覚えることがあります。
マツエクは通常のまつ毛とは比較にならないくらい硬いもの、デリケートな眼球を傷つけてしまう恐れがありますので流水などでしっかりと取り除くのが必要です。
そのまま放置していると黒目に傷が出来たせいで起こる角膜炎、黒目の表面がはがれる角膜びらんなどを引き起こされる場合がありますのでご注意ください。
またこれらの症状は目に見えるマツエクだけですと判断しやすいのですが、グルーがご自分に合わない場合気化したグルーの成分などで目の表面が傷つき、それらの症状の原因となってしまう場合がありますのでご注意くださいね。
尚これらのことはマルエクのサロンを厳選することで大きくリスクを軽減できます。
スタッフのカウンセリング、店内の清潔さ、仕上がりの美しさでそれらはわかりますのでご自分の目で厳選してくださいね。
グルーは目に入ると危険なものです、ご自分での施術はそれが起こりやすいのでなるべくしないように、安全なサロンでの施術をオススメ致します。