まつ毛エクステはつけるとき、付けたあとって痛い?

マツエクに痛みはあるの?

マツエクに涙目は大敵 施術中にドライアイ?

2015年11月22日 12時06分

・マツエクに涙目は大敵

マツエクの施術中に、しみているかいないかを正直に言えるかどうかでマツエクは決まると言えるほどです。
施術中しみた場合、涙がにじんでくると仕上がりに結構な影響を与えるのです。
まず涙で装着部分が、乾く前に濡れてしまうと折角二時間ほど我慢して付けてもらったマツエクが取れやすくなるという事態に。
グルーによってそれは緩和できるのでサロン側から聞かれることもありますが、沁みた場合はキチンとしみていると伝えましょう。
マツエクがとれやすい、白く変色する部分が出てしまうなどマツエクの仕上がりがそれによって悪くなってしまうこともあるのです。グルーには低刺激のしみにくいもの、他にも涙に溶け出しにくいものがありますのでそういった物を扱うサロンを探すのもいいかもしれません。

中にはしみにくく目に安全なもので医療用グルーというものもあります。

それは威力は弱い物となりますのでエクステのもちはかなり低下してしまうのですが、それでも一週間屋二週間はもつので、リペアをこまめに行えるのであれば医療用グルーでの施術も検討してみましょう。
しみる、しみないの申し出は受ける側にとって元も大切な申し出です。これを出来るかどうかでマツエクの持ちすら左右されるので、正直にしみているのを伝えましょう!
我慢しても涙でグルーの接着が甘くなってしまうなど良いことはないのです。
 

・施術中にドライアイ?

ドライアイとは、涙の質や量が低下し眼球の表面の状態が悪くなり目が乾く、目が疲れるなどの症状が出る病気です。
これはマツエクのグルーが目に入ることでもおこりうるもので、たとえばまだ技術面が未熟なアイリストが施術した場合、セルフでマツエクの施術を行った場合にグルーが目に入ったために引き起こされる場合があります。
施術中にしみているのを我慢した際に涙が出て、それにグルーがにじんでしまい目に入る…という状況で起こりうるものでもありますので、ドライアイの原因を作らないためにもキチンと目にしみているのを伝える必要があります。
これは施術中だけではなく完全にマツエクのグルーが硬化する前に洗顔や入浴をした際にも起こりうることなので、効果が完全に終わる数時間の間は消してマツエクを濡らさないように心がけてくださいね。
このドライアイになるリスクを見ると、安全性の高いサロンでの施術をお勧めいたします。マツエクをセルフで出来るのは非常に便利ですが、デリケートな部位にする施術である、ドライアイのリスクがあるというのを考えるとサロンでしてもらう方が格段に安全であると言えるでしょう。

お値段が張るときはありますが目を大切にするためにもサロンでの施術をメインで行ってくださいね。