まつ毛エクステはつけるとき、付けたあとって痛い?

マツエクに痛みはあるの?

​痛みはあるの?

痛みはあるの?

マツエクを付けたことのない方から見ると、目元に何をされるんだろう、と不安になるマツエクの施術。
目元に行う施術なのですから不安になるのも当然です。
実際のところ痛みはほとんどないものと見て間違いありませんが、時折ピンセットなどの器具が皮膚の敏感な場所に当たりチクチクとした感じにはなるかもしれません。
施術中の痛みについては感じた瞬間にきちんというのをオススメします。器具が当たるのは本当に稀なことですが、グルーが目に染みた場合は非常に辛いもの。
まつ毛パーマの液が入るときよりも何倍も強い痛みだといわれています。
この時に注意したいのが、グルーがしみたときに涙目になること。
涙がグルーに混ざり込むとそれは白く変色するため仕上がりに影響を与えてしまうようになります。
しかもこの白く変色した箇所は一部ならまだしも全体に及ぶと、オフをするまでずっと汚れのように目立ってしまいます。
そのため必ずサロン側にしみたら絶対に言うようにしてくださいね。

サロン側は痛みに丁寧に対処してくださるので痛みや苦しさがある場合正直に申し出るときちんと対応してくれるのでご安心ください。

施術後もグルーの表面がしっかり乾くまでは痛みが出る場合がありますので、サロン側から目を開くときに先に説明を受けるでしょう。
しかし施術中の痛みで一番辛いのは同じ姿勢でいることかもしれません。
そのまま寝てしまえばなんということはないのですが、細かい作業をしている間体をよじるのも気が引けるもの。
ですが二時間程度時間を要する施術、ずっと動かずにいるなど結構無理があります。女性は肩こりがひどい方もおられますし、最悪体が痛い、頭が痛くなるなんてこともでてきますのでクッションをおいてもらうなど対応してもらってください。
いい大人なのだからじっとしておかないと…と思うことはありません。サロン側も出来るだけ快適にお客様に施術を受けてもらいたいものです、身体に違和感があるなど感じましたら速やかに申し出るようにしてくださいね。
マツエクの施術中は基本的にひどい痛みなどはないものですが、細かい点が気になることがあります。あくまで個人差もあることも含まれるのですが基本なんら痛みはなく施術を受けられるのでご安心ください。
この中で最も深刻になるのは薬液が目にしみて涙目になること、これに関してはマツエクの仕上がりを左右するものとなりますから必ず申し出るようにしましょう。
折角お金を出して美しいまつ毛を手に入れに来ているのです、仕上がりに関わることは妥協せずに伝えてください。サロンもきちんと対応してくださり満足いく出来となるでしょう!

・安全なところで施術しましょう

マツエクは目に付けるものなので、出来るだけ安全につけたいところ。
ですが、セルフマツエクキット等安く自分でつける方法もありますので素人の方でもつけられるものではあります。
因みに、マツエクの施術を人に行えるのは以前ですと誰でも可能でしたが、法が改正され、美容師免許を持つ人のみに限定されるようになりました。違反した場合は美容師法違反により50万円以下の罰金に処せられます。
法ができるほどなので、専門的な資格をもたない人が行った施術で問題が起こったのでしょう。マツエクの施術は簡単そうに見えてとてもデリケートなものと言えます。
尚、その資格については今よくサロンのよく見えるところに貼り出されていることが多いです。
証書自体を貼り出すことにより信頼性を高め、お客様側目線で確認できるように配慮されています。整体院でもよく貼り出されていますよね。
こういったものを参考にして安全安心な施術を行ってくれるところを探してみてください。
マツエクの痛みを軽減するために最も関連があると言えるアイリストの施術、信頼性があり技術の高いところを探して受けるようにしたいですね。

倉敷のまつ毛エクステ・マツエクならblanc